ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1946年考古学者相沢忠洋(あいざわただひろ)氏によって発見された旧石器時代の遺跡は?

1946年群馬県で旧石器時代の遺跡が考古学者相沢忠洋(あいざわただひろ)氏によって発見されました。その遺跡の名前は何でしょうか?

答えはこちら

岩宿遺跡(いわじゅくいせき)です。

相沢忠洋氏が関東ローム層の赤土の中から打製石器を発見し、その後の調査により旧石器時代の石器であることが判明しました。

日本列島に人類が住み始めた時期は縄文時代とされていましたが、この発見により旧石器時代にはすでに日本列島に人類が存在していたことがわかったのです。

≪ 打製石器の一種で槍先につけて使用したものは何と呼ばれていますか? |

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.