ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

港川人、山下洞人、浜北人、三ヶ日人、牛川人の特徴

日本列島にいつごろから人類が住みついたのかは諸説ありますが、一般的には旧石器時代(更新世)だと言われています。その証拠となる人骨は各地で発見されていますが、その代表的な港川人、山下洞人、浜北人、三ヶ日人、牛川人の特徴をあげてください。

答えはこちら

港川人・・・沖縄県港川の採石場で発見された人骨。ほぼ全身の骨格が見つかっていて旧石器時代後期(およそ1万8千年前)の人骨と推察されています。山下洞人・・・沖縄県山下町で発見された人骨。子供の大腿骨と脛骨、腓骨が見つかっており、およそ3万2千年前のものと推測されていますが、はっきりしたことはわかっていません。日本で発見された人骨の中で最も年代が古い。浜北人・・・静岡県浜北で発見された人骨で旧石器時代後期(1万4千年前~1万8千年前)の新人の人骨と推測されています。三ヶ日人・・・静岡県三ヶ日町(浜松市)で発見された三ヶ日人は旧石器時代の人骨とされてきましたが、最近では縄文人の骨という認識が一般的になっています。牛川人・・・愛知県牛川町の採石場で発見された骨。当初は旧石器時代中期の人骨と思われていたが、最近では人骨ではないという意見が多数を占めています。


≪ 長野県野尻湖の湖底で発見された動物の化石とは | | 旧石器時代の人々が使っていた石を打ち欠いた石器を何と呼ぶでしょうか? ≫

CopyRight 2010-2018 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.