ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

信託を確認するため宇佐八幡宮に派遣された人物は?

道鏡の皇位継承に関する信託を確認するため宇佐八幡宮に派遣された人物の名前は?

答えはこちら

和気清麻呂(わけのきよまろ)です。

称徳天皇の寵愛を受け法王にまで昇進した道鏡を皇位に就かせようとする勢力は、「道鏡が皇位につけば世の中は泰平になる」との信託がでたことを奏上します。

この信託を確認するため宇佐八幡宮に派遣された和気清麻呂は信託が偽物だと報告しました。

憤慨した称徳天皇は清麻呂の名前を「わけべのきたなまろ」と改名して大隅国へ流罪としたのです。

道鏡の皇位継承は阻止され、称徳天皇の死後清麻呂は戻され要職に就きました。

≪ 藤原仲麻呂の死後法王となった人物は? | | 第49代天皇以降天武系から天智系へと皇位が移ります。49代天皇とは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.