ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

737年藤原四子が天然痘で病死すると権力を握った人物は?

737年流行していた天然痘により藤原四子が相次いで亡くなります。四兄弟亡き後に右大臣、左大臣と昇進し、政治を取りしきった人物は誰でしょう?

答えはこちら

橘諸兄(たちばなのもろえ)です。

権力を握っていた藤原四子が天然痘で相次いで病死すると、光明皇后の父違いの兄である橘諸兄が重用されるようになります。

橘諸兄の母 県犬養三千代(あがたのいぬかいのみちよ)が藤原不比等の後妻となり生まれた子が光明皇后です。

橘諸兄は唐から帰国していた吉備真備(きびのまきび)と玄昉(げんぼう)を登用して政治を行い右大臣、左大臣と昇進していきました。

≪ 皇族以外で初めて皇后(こうごう)となった人物は? | | 740年大宰少弐に左遷された人物が起こした反乱は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.