ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1961年に平城京跡から大量に見つかった木片は?

1961年平城京跡から文字が書かれた大量の木片が発見されました。この木片を何と呼んでいますか?

答えはこちら

木簡(もっかん)です。

1961年平城京跡から大量の木簡が発見されます。それ以前にも木簡は見つかっていましたが、数が少なかったため研究が進んでいませんでした。

1961年以降各地の遺跡から木簡が出土するようになります。

1988年には長屋王の邸宅跡から数万点にもおよぶ木簡が発見され、当時の貴族の生活を知ることができる重要な史料となりました。

木簡は官庁間の命令や連絡、納税品の荷札、請求書などいろいろな用途に使われたことがわかっています。

≪ 都の中央を南北に通る道幅の広い大路は? | | 藤原四兄弟の父で藤原氏反映の基礎を築いた人物は? ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.