ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

戦国時代 鉄砲の代表的な生産地を三か所あげてください

1543年に種子島に鉄砲(火縄銃)が伝来すると、その後短期間で全国に普及しました。戦国時代 鉄砲の代表的な生産地を三か所あげてください 。

答えはこちら

紀州国の根来(ねごろ)、和泉国の堺(さかい)、近江国の国友(くにとも)です。

種子島の領主 種子島時尭(たねがしまときたか)は鉄砲の製造を家臣に命じ、鉄砲伝来から1年後には数十挺の模造品を完成させました。

時尭が鉄砲の製造方法や扱い方を根来や堺の商人に教えたことで、根来と堺で鉄砲の生産が始まります。

また、時尭は薩摩の島津氏に鉄砲を献上しますが、それが国友村に伝わり鍛冶職人によって鉄砲の研究、生産が開始されました。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.