ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

下剋上の代表な人物で美濃国守護土岐氏を追放した戦国大名は?

油売りの身から美濃国の戦国大名にのし上がった、下剋上を代表する人物の名前は?

答えはこちら

齋藤道三(さいとうどうさん)です。

齋藤道三の出自については諸説ありよくかわっていません。油売りの行商で身を立て、美濃国守護土岐氏の家臣長井氏に仕えるようになったというのが通説です。

美濃国を統治する守護の土岐氏と、守護代の齋藤氏はともに家督をめぐる内紛が起きていて、道三はその争いに乗じて頭角を現し勢力を伸ばしていきました。齋藤氏の名跡を継ぎ美濃国守護代となった道三は、土岐氏を追放して美濃国を手に入れます。

戦国大名となった道三は、娘を織田信長に嫁がせ隣国との同盟を強化しますが、息子 義龍との不和が原因で戦となり長良川の戦いで討死にしました。油売りの身から、権謀術数を用いて美濃国を手に入れたことから「蝮の道山 まむしのどうさん」という異名がつきました。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.