ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

日朝貿易の拠点となった朝鮮半島の三つの港は?

日明貿易と同様に日本と朝鮮の間でも貿易が行われますが、その際に拠点となった朝鮮半島南部の三港の名称を答えてください。

答えはこちら

三浦(さんぽ)です。

朝鮮半島南部にある富山浦(ふざんほ)、乃而浦(ないじほ)、塩浦(えんぽ)の三港の総称が三浦です。朝鮮が日本と貿易を行うために開港した港です。浦は港を意味します。

日朝貿易は、幕府や大内氏などの有力守護と朝鮮との間で行われていましたが、応永の外冦以降は対馬の宗氏が日本側の窓口になりました。

日明貿易の勘合符と同じく、朝鮮国王が発行した通信符と呼ばれる通行証を携帯して貿易を行います。朝鮮の首都漢城(かんじょう)と三浦には、日本からの使者を接待する倭館が建てられました。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.