ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1523年貿易をめぐり大内氏と細川氏の間で起こった紛争は?

幕府の管領細川氏と西国で大きな勢力を持つ大内氏との間で、貿易をめぐり紛争が起こります。1523年に中国の港で起きた事件の名前を答えてください。

答えはこちら

寧波の乱(にんぽーのらん)です。

足利義満が始めた日明貿易は幕府によって独占されてきましたが、応仁の乱以降は幕府の弱体化もあり、細川氏と大内氏に実権が移っていきます。

細川氏は堺、大内氏は博多を拠点に明と貿易を行っていました。1523年明の港寧波に入港した細川氏の貿易船と大内氏の貿易船の間でいざこざが起こります。

港には正式な勘合符を持っている大内氏の船が入港していましたが、細川氏側が明の役人に賄賂を贈り大内氏よりも優先されたのです。

これに怒った大内氏側は細川氏の貿易船を焼き払いました。この寧波の乱以降、貿易の主導権は大内氏が獲得して明との貿易を独占していきました。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.