ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1441年播磨の守護が起こした将軍暗殺事件は何と呼ばれていますか?

1441年播磨国の守護赤松満祐(あかまつみつすけ)が6代将軍足利義教(あしかがよしのり)を暗殺しました。この事件を何と呼んでいますか?

答えはこちら

嘉吉の乱(かきつのらん)です。鎌倉時代から播磨国で勢力を持っていた赤松氏は、室町時代になると侍所の長官に就任することのできる家柄(四職 ししき)に選ばれます。最盛期には一族合わせて四カ国の守護となりました。幕府内でも重要な役割を担ってきた赤松氏ですが、6代将軍足利義教の時代になると危機を迎えます。義教は将軍の権力強化と守護大名の勢力削減に乗り出します。守護大名の家督争いに介入し、逆らった者は討取るなど強引な手段で守護大名を統制したのです。赤松氏も例外ではなく、当主であった赤松満祐の弟の所領が没収されます。この次は自分かもしれないと危機を感じた満祐は、自宅に義教を招き暗殺してしまったのです。その後満祐は城に籠城しますが幕府軍に攻められ自刃しました。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.