ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

建武の親政で鎮守府将軍となり南朝方の武将として足利尊氏と戦った人物は?

後醍醐天皇の建武政権において鎮守府将軍となり、親政崩壊後は南朝方として足利尊氏と戦った人物は誰でしょう?

答えはこちら

北畠顕家(きたばたけあきいえ)です。父の北畠親房(きたばたけちかふさ)とともに後醍醐天皇を支え、建武の親政では後醍醐天皇の皇子でのちに後村上天皇となる義良親王(のりよししんのう)を奉じて陸奥に下り東北地方を統治しました。1335年に鎮守府将軍(ちんじゅふしょうぐん)となりますが、建武の親政はわずか3年で崩壊します。その後は南朝方として各地を転戦し、足利尊氏を中心とする北朝勢力と戦い度々撃退する軍功をあげますが、体制を整えた北朝軍の反撃を受け1338年石津の戦いで戦死しました。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.