ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1338年征夷大将軍になった人物とそれを任命した天皇は誰でしょう?

1336年建武式目(けんむしきもく)を制定し、政治の基本方針を示すと、1338年には征夷大将軍となり自らの幕府を開きました。この人物の名前は?また征夷大将軍を任命した天皇は誰でしょう?

答えはこちら

足利尊氏(あしかがたかうじ)、光明天皇(こうみょうてんのう)です。持明院統の光明天皇を支持した足利尊氏に対して、後醍醐天皇は吉野に逃れ南朝をたてます。1338年光明天皇によって征夷大将軍に任命された尊氏は弟の足利直義(あしかがただよし)と協力して自らの政権を樹立しました。軍事や恩賞は尊氏、所領や裁判に関連する問題は直義が担当しました(二頭政治)

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.