ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

北越戦争で長岡藩の指揮をとった人物は?

奥羽越列藩同盟に加わった長岡藩は越後で新政府軍と戦争を行いますが、このとき長岡藩の指揮をとった人物は誰でしょう?

答えはこちら

河井継之助(かわいつぎのすけ / つぐのすけ)です。

江戸城を開城させた新政府軍は会津藩と庄内藩を討伐するため東北に進軍します。

戦争回避を新政府に訴える長岡藩ですが、その嘆願が拒絶されると、奥羽越列藩同盟に加わり新政府に敵対しました。

長岡藩は河井継之助を軍事総督に任命し、東北諸藩の兵とともに新政府軍と激しい戦いを繰り広げます。

長岡城をめぐる攻防戦では双方に多数の死傷者がでるなど、戊辰戦争の中でも有数の激戦となりました。

一度は新政府軍に長岡城を奪われた同盟軍ですが、長岡藩による奇襲が成功し再び城を奪い返します。

しかし、この戦いで河井継之助が銃弾を受け戦線から離脱すると、兵力を増員した新政府軍に押され長岡城は落城しました。

新発田藩の裏切りや新政府に恭順する藩が続出し奥羽越列藩同盟は崩壊します。河井継之助は会津への撤退途中に破傷風が悪化して死去しました。

長岡城を中心とする越後での戦いを北越戦争(ほくえつせんそう)と呼んでいます。

≪ 戊辰戦争における東北諸藩の軍事同盟は? | | 会津戦争で新政府軍と戦った会津藩の居城は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.