ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

豊臣政権の五大老、五奉行の役割は?就任した人物の名前は?

豊臣政権の政務を担った五大老と五奉行の職務と、就任した大名の名前を答えてください。

答えはこちら

豊臣秀吉は自分が亡き後の政権運営を、五人の大老と五人の奉行による合議制で決定するよう命じます。五大老は豊臣政権の家老にあたる職務です。

有力大名である徳川家康、前田利家、毛利輝元、宇喜田秀家、小早川隆景が任命されます。小早川隆景が1597年に死去したため、上杉景勝が加わりました。

五奉行は豊臣政権の実務を担当する奉行職です。浅野長政、石田三成、増田長盛、長束正家、前田玄以ら秀吉子飼いの家臣で構成されました。

浅野長政は主に検地や司法を担当し、石田三成は行政、長束正家は財務、前田玄以は朝廷、寺社、増田長盛は土木を担当していたとされています。

五大老という呼称は江戸時代に入ってからつけられたと考えられており、当時は「年寄衆」「奉行衆」などと呼ばれていたようです。

≪ 豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点とした肥前国の城は? | | 豊臣政権の財政基盤となった直轄領は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.