ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点とした肥前国の城は?

豊臣秀吉は朝鮮への侵攻を決断すると、拠点となるべき城を肥前国に築城します。この城の名前を答えてください。

答えはこちら

名護屋城(なごやじょう)です。

明征服の野望を抱く豊臣秀吉は、朝鮮国王に対し明への先導を依頼しますが、これを断られると朝鮮を攻めるべく準備にとりかかります。

朝鮮半島に近い肥前国に名護屋城を築き補給基地としたのです。五層七重の天守を持つ名護屋城は広大な面積を有し、出兵する諸大名の陣屋が立ち並ぶ大都市へと発展します。城下には20万を超える人々が居住したとされます。

1598年秀吉の死去によって朝鮮からの撤退が決まります。全国から集まっていた諸大名も領国に引き上げたため、町は急速に寂れ名護屋城は廃城となりました。

≪ 豊臣秀吉が大内裏跡に築城した城と行幸した天皇は? | | 豊臣政権の五大老、五奉行の役割は?就任した人物の名前は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.