ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1583年 羽柴秀吉と柴田勝家が戦った合戦は?

織田信長亡き後、明智光秀を破った羽柴秀吉(豊臣秀吉)と織田家の重鎮 柴田勝家(しばたかついえ)が近江国で戦った合戦名を答えてください。

答えはこちら

賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)です。

明智光秀を山崎の戦いで破った羽柴秀吉は、織田家の後継者を決める清須会議で、信長の孫 三法師を擁立して主導権を握ります。

秀吉と対立する織田家重臣 柴田勝家は、巻き返しを図り越前北ノ庄城から出陣!近江国賤ヶ岳で羽柴軍と柴田軍が激突しました(賤ヶ岳の戦い

両者互角の戦いを展開しますが、前田利家の離脱などもあり、羽柴軍が勝利をおさめます。柴田勝家は北ノ庄城に戻り、夫人となっていた信長の妹 お市の方とともに自刃して果てました。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 1582年明智光秀と羽柴秀吉が戦った合戦は? | | 1584年 羽柴秀吉と徳川家康が戦った合戦は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.