ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

律令制で重罪とされる八虐(はちぎゃく)とは?

犯罪の中でも特に重罪と規定される8つの罪を八虐(はちぎゃく)といいますが、どのような罪でしょうか?

答えはこちら

律令制で特に重罪と規定している8つの罪が八虐(謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義)です。 謀反(むへん)・・・天皇の殺害、国家転覆。 謀大逆(ぼうたいぎゃく)・・・陵墓や宮城の破壊。 謀叛(むほん)・・・敵国への内通や降伏。 悪逆(あくぎゃく)・・・祖父母、父母に対する殺害や暴力。 不道(ふどう)・・・一家の者3人以上の殺害、残虐な殺人など。 大不敬(だいふけい)・・・伊勢神宮の破壊や神器の盗難など天皇に対する不敬行為。 不孝(ふこう)・・・祖父母、父母を訴えたり、財産を盗んだりする行為。 不義(ふぎ)・・・国司、主人、恩師の殺害、夫の喪に服さない行為。

≪ 律令制の刑罰 五刑(ごけい)とは? |

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.