ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

律令制の刑罰 五刑(ごけい)とは?

律令制の刑罰 五刑八虐(ごけいはちぎゃく)の五刑の内容を答えてください。

答えはこちら

律令制で律に規定されている刑罰が五刑(笞・杖・徒・流・死)です。 ■笞(ち)・・・むち打ちの刑で、竹むちで臀(しり)や背中を打たれる刑。回数は10,20,30,40,50の5段階。刑の執行は公開されました。 ■杖(じょう)・・・杖(つえ)打ちの刑。太いむちや杖で打たれる刑。回数は60、70、80、90、100の5段階。刑の執行は公開されました。 ■徒(ず)・・・懲役刑。刑期は1年、1年半、2年、2年半、3年の5段階。 ■流(る)・・・流刑。京からの距離によって近流(きんる)、中流(ちゅうる)、遠流(おんる)の3段階。 ■死(し)・・・死刑。絞首(こうしゅ)と斬首(ざんしゅ)の2段階。刑の執行は原則公開(一定の位階を持つ者は非公開)

≪ 凶作、不作対策のための備蓄制度は? | | 律令制で重罪とされる八虐(はちぎゃく)とは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.