ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

律令制の出挙(すいこ)とは?

律令制で稲を貸しつける出挙(すいこ)とはどのような制度でしょうか?

答えはこちら

出挙(すいこ)とは、春に稲を貸しつけ秋の収穫時に利息付きで回収する制度です。国が貸しつける公出挙(こうすいこ)と、貴族や豪族、寺社などが貸しつける私出挙(しすいこ)があります。公出挙の利息は5割、私出挙の利息は10割です。貧しい農民を救済する目的で始まった制度ですが、やがて貸しつけが強制的に行われるようになり、国司や富裕層の財源となりました。

≪ 律令制で正丁(せいてい)に課された仕丁(しちょう)とは? | | 凶作、不作対策のための備蓄制度は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.