ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

律令制で人民が負担する労役 「雑徭(ぞうよう)」とは?

国司の命令で課される労役 「雑徭(ぞうよう)」とはどのようなものでしょうか?

答えはこちら

年間60日を限度にした労役を雑徭(ぞうよう)といいます。正丁は60日、次丁は30日、少丁は15日。土木工事や雑用が主な仕事。雑徭は国司の権限で賦課できるため、国司が私的に使役する例も多く、桓武天皇の時代に正丁30日に短縮されました。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 律令制で人民が負担する税「調(ちょう)」とは? | | 律令制の兵役(へいえき)とは? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.