ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

遠の朝廷(とおのみかど)と呼ばれた九州の統治機関は?

律令制で、九州を統治するために筑前国に設置された機関は?

答えはこちら

大宰府(だざいふ)です。

筑前国(現在の福岡県北西部)に置かれた大宰府は、西海道(筑前、筑後、豊前、豊後、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩)の9カ国と対馬、壱岐、多禰(たね)の3島を統治しました。

多禰(現在の大隅諸島)は、824年に大隅国に編入されます。

大宰府は外交や防衛の要地であり、遠の朝廷(とおのみかど)とも呼ばれました。

九州の防衛を担当する防人(さきもり)も大宰府の統治下に置かれました。大宰府の長官は大宰帥(だざいのそち)、次官は大宰大弐(だざいのだいに)です。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 律令制で京都と難波の統治を行った官職は? | | 地方を統治するため中央から派遣された地方官は? ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.