ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

映画「ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコル」の感想です

ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコル

映画「ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコル」を観てきました。トムクルーズ主演の人気シリーズで今回で4作目となります。


シリーズものは回を重ねるごとにつまらなくなるのですが、このゴーストプロトコルに関しては良い意味で裏切られました。


とても面白い!スピーディーな展開と随所に見られるアクションはさすがハリウッド作品といえます。


トムクルーズも年をとり多少お肉がついてきましたが、それでも鍛えているだけあっていいカラダをしています!オープニングでおなじみのテーマ曲が流れるとワクワクしますね♪


それではちょっとだけ内容を紹介しますね!


IMFのメンバーが核弾頭の起爆コードを奪われるシーンから物語が始まります。ある事情からロシアの刑務所に収監されていたトムクルーズ演じるイーサンハントはこの起爆コードを奪還する指令を受けます。


クレムリンが何者かによって爆破されイーサンハントたちメンバーに嫌疑がかけられると、アメリカは関与を否定するためIMFの存在自体を否定します。


孤立無援となったイーサンハントたちメンバーは自らにかけられた嫌疑をはらし、テロリストによる核攻撃を阻止すべくロシア、ドバイ、ハンガリー、インドを駆け巡ります。


果たしてイーサンハントは、起爆コードを奪還し、核戦争を回避できるのか・・・といったストーリーです。


今回の作品はアクションを全面に押し出しているのでストーリーはやや雑です。「あれっ?」と思うシーンも何箇所かありました。


敵役のテロリストの登場回数も少なく、ラストのどんでん返しもありません。それでも充分に楽しめる作品です。


CMで流れている高層ビルのアクションもかっこよかったし、随所にでてくるスパイグッズも楽しめます!49歳になるトムクルーズがカラダをはって頑張ってます!


個人的には暗殺者サビーヌ・モローを演じた女優さんが気に入りました!フランスの女優でレア・セドゥーさんという方だそうです。もう少し彼女の出演シーンが多ければよかったのですが、けっこうあっさり・・・


ま~それはともかくアクション映画が好きな方は、映画館の大きなスクリーンで「ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコル」をおもいっきり堪能してください。


すっきりしますよ♪

≪ 第23回カントリー・ゴールド、今年も参加しまーす! | | 映画「連合艦隊司令長官・山本五十六」を観た感想です ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.