ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

映画「十三人の刺客」を観て来ました

映画 十三人の刺客 宣伝ポスター

「斬って、斬って、斬りまくれ!」のセリフが印象的な映画「十三人の刺客」を観て来ました。普段は洋画を観る事が多いのですが、今回は久しぶりの邦画です。それも時代劇!私の好きな俳優である役所広司さんが主演していることもあり楽しみにしていました。


冒頭いきなり切腹シーンから始まり、前半部分で何箇所か残虐なシーンがあります!このあたりは賛否両論!意見が分かれるところですね。


将軍の弟で、明石藩藩主である松平 斉韶の残虐性をきわだたせる必要があったための演出なのでしょうが、正直あまり気分の良いものではありません。


ただし、これらのシーンがあるから「こいつを何とかしなければいけない!」と観ている人が思うようになるのも事実です。私もそう感じました。


暴君 松平 斉韶を暗殺するために命をかける十三人の刺客と、それを阻止しようとする松平 斉韶の家臣たちとの壮絶な斬り合いがこの映画のクライマックスです!


立ち回りはとても迫力があり、時間の立つのも忘れてしまうぐらい集中して観る事ができました。ラスト50分の斬り合いだけでも観る価値があります。


伊原剛志、伊勢谷友介はいい演技をしていましたね!松平 斉韶を演じた稲垣吾郎についてはちょっと物足りない感じがしました。


時代劇は勧善懲悪が基本ですから、敵役になるには重さが足りないと感じました。今まで悪役を演じたことがないから仕方ないのかもしれませんが、言葉や存在感が少し軽すぎます。その分、残虐なシーンを撮る必要があったのでしょう。


伊勢谷友介のコミカルな演技は光っていました。山田孝之よりも目立っていたかも・・・ただし、最後に何で?と思うシーンがあります。思わず「それはないでしょう~!」って心の中で叫んでしまいました(笑)


突っ込みどころもいくつかありますが、アクション映画としては十分楽しめます!あらためて役所広司ってかっこいいな~と感じたしだいです。


こんにゃくラーメンなのに美味しい!替え玉しても体重10キロ減!

≪ 仮面ライダー W FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ、観てきました! | | 映画「ロビン・フッド」を観てきました! ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.