ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

1000時間ヒアリングマラソンでネイティブな英語を学習

英語の上達方法にはいくつかの方法がありますが、1000時間ヒアリングマラソンも耳から習い覚える方法として有力なものの一つになっています。ネイティブの英語を直接耳に流し込んで、自然と英語への苦手意識を薄れさせ、親しみのない子音の発音に慣れることができます。


英語の初心者は通常、簡単な基礎からはじめて段階を踏んで難しいものへとステップアップしていく上達法が一般的ですが、この1000時間ヒアリングマラソンは最初からネイティブな英語できりこんできます。英語に慣れていない人には、会話についていくどころか、内容を把握するのも無理かもしれません。


けれどCDの音質はとても耳に入りやすいものになっていますので、ネイティブな発音で繰り広げられる英会話がすんなりと身についていくと評判になっています。ヒアリングが苦手な方がそれを克服するために使って満足のいく結果を得ているようです。


この1000時間ヒアリングマラソンは最初の取り組み方法も違っていますが、教材にも他にはない工夫がされています。題材としてとして海外情報などをテーマにしたものが入っていたりします。ただの教材としてではなく、雑誌のように情報を得るためのものとして楽しみながら英語が上達できるという点でも好評のようです。


1月に一度届けられた教材を、90時間をかけて聞き込み勉強するのがこの1000時間ヒアリングマラソンの課題になっています。月一で行われる「マンスリーテスト」などをはじめ自分の上達のペースが分かるイベントなどもあるので、がっちりと英語に取り組みたいという希望を持っている方にはお勧めの方法だと言えるでしょう。

≪ スピードラーニング・CDを聞くだけで英語が上達する! | | 英語の発音の違い ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.