ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

更年期によるめまいの症状と治療法

めまいは性別や年齢を問わず誰にでも起こるものですが、40代から50代の女性によく見られる代表的なものが更年期からくるめまいです。


急な立ちくらみや頭痛をともない、ふらふらするようなめまいが起こるのが特徴で、身体すべての機能をつかさどる神経系のバランス崩壊により起きる、自律神経失調症が原因とされています


このような女性の更年期にあたる時期に発症する病気を、一般的に"更年期障害"と呼んでいます。更年期障害のメカニズムは、卵巣から分泌されるホルモンの減少による機能の衰退が直接的な原因と言われていますが、


それ以外にもいわゆる年を重ねるとともに女性としての自分に対する喪失感や、老いてからの生活、病気に対する不安など、精神面での心の動揺が占める割り合いも大きいと言われています。


更年期障害の主な症状は、めまいの他に、耳鳴り、顔の火照り、偏頭痛などをともなうこともあります。また、日々憂鬱な気分となり無気力状態であったり、不眠症になるなど精神的なダメージを受けることも多々あります。


このような症状でお困りの方はまず耳鼻咽喉科へ行き、めまいの原因が何なのかを突止めるための検査を受けることが先決です。その原因がもし更年期からくるものと診断された場合は、産婦人科での治療が必要となります。


産婦人科での治療は主にホルモン剤の補充治療が中心となります。さらに、飲み薬や貼り薬を用いての抗うつ薬を投与することによって、症状を緩和させる薬物療法も行なわれます。


最近では、サプリメントを捕ることにより手軽にホルモンの補充ができることが立証され、日頃から愛用している方も多いようです。また、精神面からのケアを目的とする上で、自分のことをよく理解してくれる専門の主治医から、カウンセリングを受けることも重要です。

≪ めまいが起きたときの対処 |

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.