ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

買い物依存症とは

テレビの特集でもよく取り上げられる買い物依存症という精神疾患があります。これは、特に洋服などのファッションに関する買い物を止められない人のことです。買い物依存に悩んでいる人は、かなり多いといわれています。


依存症というものはなかなか自覚がしづらいものです。しかし、買い物依存症だけは違うそうです。買い物依存に関しては、自分で気づくことが多いでしょう。これは、大量に購入した後に冷静になったときに分かります。買い物依存に悩まされている場合は、後から購入した量に驚いて後悔してしまうようです。


買い物依存の人たちの中には、買い物するために無理して働いている人も少なくありません。食費を買い物のお金に回してしまうことも多々あります。また、ひどい場合は、借金をしてまで買い物を続けているそうです。


もう買い物をしない、これ以上は続けないと心に決めても、ついついお店に行ってしまいます。お店に行くと、洋服だけ買おうという風に気持ちが変わってしまうでしょう。そして、ゆくゆくはその洋服に合う帽子が欲しくなったり、バッグが欲しくなったりしてしまうようです。


例えば、ファッショに使う予算を30000円と決めたら、それ以上のお金を使わないようにしてください。気付いた時には生活費も使っていたというような人は、買い物中毒者の可能性が高いでしょう。


買い物依存症を克服するためには、お店にいかないことが大事です。また、考え方を変えて、既に持っているものでリメイクを楽しむ方法もおすすめです。

≪ 恋愛依存症とは?嫉妬、束縛、恐怖感 | | 薬物依存症はひとりで治すことが難しい ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.