ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ギャンブル依存症と借金

ギャンブル依存症とは、賭け事から抜け出せないという精神疾患の1つです。人によってギャンブルの種類は様々ですが、パチンコやパチスロ、そして競馬や競輪、競艇などがあります。ギャンブル依存症の場合は、時間があればすぐに賭け事を行います。そして、支払いを後回しにしてそのお金も使ってしまうようです。症状が悪化すると、借金をしてまでギャンブルにのめり込みます


借金をしてしまうと、次に困るのは返済です。借金の取り立てに追われ、強盗や詐欺という犯罪に手を染めてしまう人も少なくありません。このような症状に陥る前に、ギャンブルの特性を理解しておく必要があります。そもそもギャンブルには勝つ時と負ける時があります。しかし、お店は儲けがなくては営業が続けられません。


そのため、店は利益を上げるために、負けよりも勝つ可能性が高いのです。ギャンブル依存のように、ギャンブルに手を染める時間が長くなればなるほど、負ける可能性の方が高くなります。このようなギャンブルの盲点を理解し、深入りしないことが大事なのです。


ギャンブル依存に悩む人の多くは、自分の家族や友達にも同じような症状を持っている人がいるようです。ギャンブル依存症を克服するためには、そのような人たちも巻き込んで、協力し合って改善することが大事です。


精神科で相談できるので、早めに相談して早期解決を目指しましょう。最近はギャンブルに関しての悩みを持つ人同士が集まる機会も用意されています。その機会を利用し、ギャンブル依存症の治療を進めている人もいるようです。

| アルコール依存症の人はお酒を飲むと人格が変わる ≫

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.