ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

ユーザー車検で車検費用の節約

できるだけ車検費用を節約したいという人の中には「ユーザー車検」を行う人もいます。車検費用というのは、検査に通るために業者に整備をしてもらうのにお金がかかるので、その整備の部分を自分でやれば費用を抑えることができます。


整備をしたら自分自身で検査場に車を持ち込んで、検査を受けます。ユーザー車検の申し込みは、インターネットや電話でできるので、手続きに時間を取られずに済むのもメリットと言えるでしょう。


ただし、新車の場合にはそれほど問題はありませんが、一般的にはユーザー車検の場合の検査は厳しいようです。十分に整備をして検査場に持ち込まないと、なかなか検査を通らずに何度も足を運ぶことになってしまいます。


車検における検査項目で、まず確認したいのはライト類です。ライトが一つでも消えてしまっていると、それだけで不合格になることもあるので注意しましょう。それから、エンジンルームもきちんとチェックをしましょう。付着しているオイルを拭き取るなどして清潔にしておかなければいけません。


また、メーター類は針が安定して動作する必要があります。40kmほどのスピードを出してみて、針がグラグラしたりしないかどうかを確認してください。その他、タイヤ、排気ガス、ワイパー、ブレーキなども検査の対象になります。


ユーザー車検では、整備は自分で行いますが、検査は専門家が合否を下しますので、車検に通りさえすれば心配なく車に乗ることができます。車検費用の節約のためにユーザー車検を検討してはいかがでしょうか。

≪ 軽自動車と普通自動車の車検の違い | | フランチャイズ車検(コバック、アップル、ヤマト)のメリット ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.