ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

改造車の車検・公認車検の詳細

定められた期間ごとに受けなければいけない車検の他に、「公認車検」というものがあります。これは、車を改造した場合に受ける車検で、4万円ー5万円ほどの費用が発生します。公認車検についても車検であることには変わりないので、検査に通ると自動車検査証が交付されます。


公認車検の有効期間は2年間で、もしも前回の車検の期限内であったとしても、公認車検に通った日から2年間が新しい有効期限なので、間違えないようにしてください。公認車検の手続きとしては、まずは陸運支局に申請をする必要があります。それから1週間ほどの期間を経て、実際に公認車検を受けることができるようです。


公認車検では、車の変更部分について申請をしなければいけません。例えば2cm以上の車幅変更などが挙げられますが、車幅変更の場合には検査を通るのはそれほど難しくないと言われています。しかし、変更箇所がサスペンションや動力伝達装置などの場合には、新たな書類を作成して提出しなければいけません。その書類とは改造概要等説明書や改造部詳細図で、かなり専門的で難しい内容です。


これらの書類を自分で作成できる所有者はほとんどいないので、一般的には車の改造を手掛けるショップなどに代行して書類を作ってもらうことになります。改造車でも公認車検にきちんと通っていれば、国が定める安全基準をクリアしていることになるので安心です。決められた検査をきちんと受けて、安全に車を利用していきましょう。

CopyRight 2010-2021 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.