ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

キャッシング返済時の注意点

キャッシングにおいて厄介事が起こるのは大抵の場合、借入時ではなく返済時になるでしょう。支払期日を間違っていたり、口座に入金し忘れていたりするケアレスミスの他に、弁済の意志はあるのに、思いがけない出金や見込んでいた入金がなくなったりで、返済出来なくなったりする等があげられます。


入金日を勘違いしていた等の間違いは人間ですからあってもおかしくはありませんが、キャッシングは気軽に行えますが、れっきとした消費貸借契約が結ばれたことになっています。キャッシングを行った時に書いた契約書には、返済期限について明記してある事項があります。返済が一日でも滞った場合、期限の利益喪失といって、分割払いの権利を失ってしまい、残った借入金を全額一括請求される場合もあります。


これくらいは大丈夫だろうという言い訳が通じない場合もあるという事を覚えておいた方がいいでしょう。またこういう事がないように、契約書にはきちんと目を通して、返済までに自分が何をしなければいけないのか把握しておく必要があります。


一度つまずいて返済が滞るってくると、契約を結んだキャッシング会社だけでなく、他のキャッシングを扱っている消費種金融会社にも情報が回り、二度と借入することができなくなります。返済の意思はあっても実際に返済が滞ってしまうと、キャッシング会社には要注意人物と認定されてしまうことです。


借金の額が多くなりすぎたり、利息が膨れたり等でどうしても返済が不可能になった場合は、専門家に相談して下さい。法的な借金整理など司法書士に相談したり、弁護士だと無料相談などがあります。また弱っている人につけ込む悪徳業者もいますので、相談する場所は信用のおけるところを選んでください。

≪ キャッシングの返済と取り立て | | キャッシングの利息・利息制限法と出資法 ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.