ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

アトピー性皮膚炎の治療に使用する薬

アトピー性皮膚炎の治療方法には、主にステロイド剤などの塗り薬を使用して、かゆみや湿疹の症状を即効で抑え和らげる、外用薬を用いた方法と、抗ヒスタミン成分の薬を飲むことにより、慢性的なアトピー体質を改善に向かわせる、内用薬を用いた方法の2通りに分けられます。


外用薬で、いちばん主に処方されるのが、ステロイド剤です。ステロイド剤と聞くと、一時期マスコミなどで話題になり騒がれた「副作用」の心配をまっ先に思い浮かべるかもしれませんが、皮膚にひどい炎症が起き、他の薬を使用しても全く効き目がない時は、ステロイド剤が悪化した症状をいち早く抑えてくれるのにもっとも効果があるため、アトピー性皮膚炎の治療には不可欠な薬とされているのです。


ステロイド剤には、十数種類ものさまざまな強さの薬がランク分けされています。それらを自分の勝手な判断で長期間にわたり、必要な量を守らず、適当に使用したりさえしなければ、副作用の心配などまず無いと言えます。アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚科などの専門医にその時々の症状に合ったステロイド剤を処方してもらい、アドバイスを受けるため、欠かさず定期検診に通う必要があります。


現在、アトピー性皮膚炎に効果がある新しい外用薬として、免疫仰制剤を成分とするプロトピック軟膏という外用薬が、よく使用されるようになってきました。このプロトピック軟膏はステロイド剤のような副作用も極めて低く、少ないことが立証されており、主に顔や首回りなどの発疹仰制に効果があると言われています。


しかし、使用方法を誤ると免疫機能に異常を来たす薬なので、やはり医師の診断を守り、使用していくことが大事と言えるでしょう。また近年、俄然注目を集めている療法として漢方薬が取りざたされています。


全く副作用が無く、自然な力で治癒する、というのが魅力のようですが、残念ながら、まだ日本ではその筋の研究は未知の段階で、はっきりとした科学的根拠では解明されていないのが現状です。もし漢方による治療を始めるのであれば、やはり皮膚科の専門医などに相談し、その後の経過を事後報告することが大切です。


アトピー性皮膚炎の治療は、長期に渡る場合がほとんどです。それを克服するには、いかにして自分にあった薬、療法を、医師とのコミュニケーションを通じて、導いていくことが重要と言えるでしょう。

≪ アトピー性皮膚炎・かゆみ、湿疹を抑えるスキンケア |

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.