ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

奇跡の実現!ジョージ.ハリスン ライヴ.イン.ジャパン

ジョージ.ハリスンwithエリック.クラプトンand ヒズバンド

1974年の全米ツアーでの失敗、その時に受けた辛い出来事の数々により傷心の想いを抱えたままツアーを終え、以後2度とライヴ活動を行なわなくなってしまったジョージでしたが、


何と17年の時を越えて盟友エリック.クラプトンと共にツアーに出る!...しかも、その最初の地が日本からスタートする、というニュースを聞いた時の驚きは今でも忘れません!


さかのぼること2年前の'89年に、リンゴがオールスターバンドを従え来日し、翌1990年にはポールの「リベンジ来日公演」もようやく実現、おまけにポールの1週間前まではストーンズまでが初来日、東京ドーム10回公演を成功させ、今思い返すと一体この時期は、「なんて凄い夢のような頃だったのだろう...」とつい感慨深く思い出に浸ってしまうのですが......。


まさか、ジョージまでがやって来るとは! その奇跡の来日を喜ぶ反面、本当に大丈夫なのだろうか? またこれがきっかけで、リタイアするのでは?という不安もかなりあったのが実際のところ本音でした。


そんなこんなで、横浜、大阪、名古屋、広島、福岡、そして再び大阪に戻り、最後が東京ドーム3Daysと、追加公演も含めて12回ものステージを無事にこなしたジョージでした。

ジョージ.ハリスン ライヴ.イン.ジャパン

当時自身のワールドツアーにおいて、絶頂を極めていたEric Claptonに、Nathan East(Bass)、Steve Ferrone(Drums)、Chuck Leavell(Keyboards)、Andy Fairweather Low (Guitar)、Ray Cooper(Percussions)ら、鉄壁の布陣からなるHIS BANDの好サポートを受け、


ジョージ自身もまったくブランクを感じさせない、味わい深いリラックスした渋いギターとヴォ-カル、それに得意のスライドギターもビシッと決めてくれて、もう感動モノのステージでした!


この2枚組ライヴ盤は、日本公演の模様を伝えてくれる貴重なアルバムです。収録曲は、ジョージのレパートリーの基本セットリストであった全19曲が収められています。(ただし、初日横浜のみで披露された"Love Comes ToEveryone"は未収録です)うち"I Want To Tell You"、


"Old Brown Shoe"、"Taxman"、"If I Needed Someone"、"Something"、"Piggies"、"Here Comes The Sun"、"While My Guitar Gently Weeps"、"Roll OverBeethoven"の9曲がビートルズ時代のナンバー、


他も"My Sweet Lord"、"Give Me Love"、"What Is Life"、"Got My Mind Set On You"、"All Those Years Ago"などソロ時代の大ヒットナンバーで埋めつくされており、ファンにとっては大満足の内容となっています。(欲を言えば、あと"FAB"を演ってほしかったなぁ~)


なお、クラプトンのコーナーで演奏された4曲は権利の関係からでしょうか?本作には収録されておりません。もちろん"レイラ"はやってません(笑)


ちなみに、当時のEric Claptonの充実したライヴを堪能したいという方には、「24 Nights」というタイトルで発売されているライヴ盤と、映像を収めた同タイトルのDVD が超お勧めです! 


2001年11月29日、ジョージは脳腫瘍と肺がんのためこの世を去ってしまいましたが、この日本公演ほど、感無量な気分を味わうことができたライヴは他に無いかもしれません...。ありがとう、GEORGE!


♪ハレルヤ~ハリクリシュナ♪ Yeah! Yeah! Yeah! ♪


〈アーティスト〉GEORGE HARRISON with ERIC CLAPTON and HIS BAND
   ジョージ.ハリスンwithエリック.クラプトンand ヒズバンド

〈タイトル〉LIVE IN JAPAN / ライヴ.イン.ジャパン

〈リリース/レーベル〉1992/ DARK HORSE

| ビーチ・ボーイズとの競演が楽しい、ステイタス・クォー/ドント・ストップ ≫

CopyRight 2010-2019 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.