ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

腹筋を割り、ウエストを引締める筋トレ

筋トレの定番メニューといえば腹筋運動です。お腹の脂肪を減らすために腹筋を鍛えたいという人は多いことでしょう。男性にとっては割れた腹筋が目標ですし、女性は、お腹周りがすっきりした美しいプロポーションに憧れるものです。


ただし腹筋といっても3つの部分に分かれています。それぞれの腹筋に効く筋トレを行って、お腹全体が引き締まるようにしましょう。まず、お腹の上の方にある筋肉は、仰向けに寝た状態から起き上がる運動で鍛えます。これが一般的には「腹筋運動」と呼ばれる筋トレなので、一度はやったことがある人も多いのではないでしょうか。


この腹筋運動のポイントは、正しい姿勢で無理をせずに行うことです。筋トレの初心者であれば、膝を曲げて行うと筋肉を傷めずにできます。また、バネがついていて腹筋運動を補助する板などもあります。


それから、下腹部の筋肉を鍛えるには足上げ運動をすると効果があります。下腹部に脂肪がついていると特にたるみが目立ちますので、この筋トレを行いましょう。また、横腹筋と呼ばれる脇腹の腹筋も鍛えましょう。この部分の筋肉を鍛えるには、座った状態で両足を上げ、左右に体をひねる筋トレを行います。


これはフットツイストという筋トレで、ウェストのくびれを作ります。特に女性は、ウェストがくびれていると、とてもスタイルが良く見えるので、是非この筋トレを取り入れてください。腹筋を鍛えることは見た目を良くするだけではなく、脂肪を減らすことで健康増進にも役立つのでお勧めです。

CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.