雑学豆知識 ジャンクワードドットコム

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

雑学・豆知識ヘッダー画像スマホ用

雑学・豆知識ヘッダー画像

ホルモンバランスの乱れ

卵巣の働きが低下してきて、女性ホルモンの分泌が急激に減少してくると、女性は閉経を迎えます。その前後数年間のことを、更年期といいます。更年期には個人差があり、人によって症状も様々ですが、ほとんどの方が、44歳から55歳くらいの間に更年期を迎えます。

卵巣の働きが低下すると、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が少なくなるのですが、脳はそれに気付かずに「エストロゲン」を分泌させようとするので、ホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れると、自律神経が刺激されて体調が悪くなるのです。

更年期障害の症状としては、動悸、息切れ、発汗、のぼせ、めまいなどが代表的なものです。ただし、更年期の原因は、ホルモンバランスの乱れだけではないようです。

更年期を迎える44歳から55歳くらいの時期は、夫が定年を迎えたり、子供が独立をしたりと、生活のリズムが変わる時期でもあるので、ストレスによって精神的に不安定になることも、更年期障害を加速させていると考えられます。

最近では、不規則な生活などからホルモンバランスを乱す人が多いので、30代で更年期の症状が現れる人も多くなってきています。更年期障害は、人によってとても重く、毎日起きていられないほどの人もいれば、何も感じずにその時期を終えてしまう人もいます。

その違いは、若いころの不規則な生活や、食生活の乱れによってホルモンバランスを乱していることが原因という説もありますので、更年期と言ってもまだ実感が湧かないような年齢でも、若いうちからホルモンバランスを乱さないよう心がけて生活をする必要があるでしょう。

ホルモンバランスと自律神経

ホルモンバランスが影響する自律神経 自律神経失調症は、ホルモンバランスが乱れることにより起こる可能性があります。女性ホルモンのホルモンバランスが不安定になると起きやすい病気で、男性より女性がおおく発症しやすいと言われています。脳は、体の中の様々な部分を制御していますが、ホルモンバランスを制御するところと、自律神経を制御するところが近いので、どちらも作用し合うことがあります。

ホルモンバランスと自律神経の関係が、一番影響し合っていると言われるのが「更年期」です。閉経前後の数年の間、卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌がすくなくなってくると、ホルモンバランスが崩れて更年期障害という症状が現れます。

更年期障害は、ほてり、めまい、急な発汗などがありますが、それのどれも自律神経の偏重から起こる病気です。更年期の自律神経失調症が、一番多くの人に現れる症状なので、広く知られていますが、女性ホルモンの分泌が多くなる「思春期」や、妊娠と出産に伴う「成熟期」もホルモンバランスが崩れるので、この時期に自律神経失調症になる人も、もちろんいます。

自律神経失調症は、睡眠障害や疲労感、食欲不振、頭痛などといった形でもあらわれます。「思春期」「成熟期」「更年期」は誰もが経験するものですから、しっかりと覚えておいて自分や周りの家族の体調が優れない時期がこれと一致していたら、婦人科を受診したり精神的ケアをしたりと、余裕を持って症状に向き合うようにしたいものです。

ホルモンバランスと甲状腺の病気

ホルモンバランスが乱れると、甲状腺の病気になることがあります。甲状腺の病気は、年齢に関係なく、若い人にも多く見られますが、あまり広く知られていないのが実情です。

甲状腺ホルモンは、目を輝かせたり、肌つやを良くしたりする効果がありますが、分泌が多くなりすぎると動悸、息切れ、手の震え、発汗、食欲が異常に増える、疲れやすい、肝臓の異常、薄毛などの症状がみられます。また、分泌が少なくなりすぎても、体重増加やむくみ、皮膚の乾燥などの症状が現れます。

甲状腺のホルモンバランスが乱れて起きる病気の、代表的なものとしてバセドー氏病というのがあります。バセドー氏病になると、イライラや不眠、体重減少を起こしたり、逆に食欲が異常に増え体重が増加したりすることもあります。また、手足の震え、目が見開いたままのような状態になったり、首が腫れたりといった症状が現れます。

出産後や更年期の女性によく見られるので、ホルモンバランスの乱れが原因とされて、うつ病や更年期障害と間違われやすい病気でもあります。若い人が発病した場合、妊娠するためのホルモンバランスも乱れることがあるので、きちんと治療する必要があります。

治療法としては、投薬治療と外科的治療の両方がありますが、気長に治療を続ける必要があると思われます。以前、若い芸能人が結婚会見の時に、バセドー氏病であることを告白し、仕事を休業して夫と治療に専念すると発表したことがあることからも見られるように、病気としっかり向き合って、時間をかけて治療する必要があるようです。

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.