雑学豆知識 ジャンクワードドットコム

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

雑学・豆知識ヘッダー画像スマホ用

雑学・豆知識ヘッダー画像

調停委員とは?

調停委員ってどんな人

第三者を間に入れて話し合いを行う制度が離婚調停です。この第三者は調停委員と呼ばれる人ですが、どのような資格を持つ方なのでしょうか?


調停委員になるには、社会的に見識が高いと認められる人物であることが条件となっています。最高裁判所が任命し、任期は2年です。


一般的には、弁護士や公認会計士、税理士、不動産鑑定士、会社役員、団体役員、医師、大学教授などが任命されることが多いようです。


年齢は40歳以上70歳未満という規定がありますが、例外も認められているので、70歳以上や40歳未満の人もいます。


以上のように調停委員には弁護士など法律の知識を持っている専門家もいますが、持っていない人もたくさん任命されていることがわかります。離婚調停を利用する人の多くが、調停委員は法律の専門家だと思っているので、この点は注意をする必要があります。

調停委員は変更できない

あなたの担当となる調停委員は、男性、女性それぞれひとりずつ選ばれます。あなたと相手の双方から交互に話を聞き進めていきます。離婚調停は裁判のような堅苦しさはなく、どちらかというとカウンセリングに近いかたちとなります。


一度担当にになった調停委員を途中で変更することはできません。相性の合わない調停委員に当たってしまっても、ふてくされたり、不遜な態度をとってはいけません。


調停委員は中立の立場ですが、やはり人間ですから、態度の悪い人物に良い心証を持つことはありません。調停が不利に進むこともありえます。離婚調停を成立させたいのであれば、調停委員の心証を悪くしないことも重要になります。

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.