葛飾区ホームページ制作

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

切り抜いた写真を「jpeg」と「png」で書き出しする方法

前回は、クイック選択ツールで作成した選択範囲を切り抜きしました。


今回は、切り抜いた写真を「jpeg」と「png」で書き出します。


私の場合、写真を加工して書き出しする場合、背景を透明にするときは「png」、透明にしないときは「jpeg」を選びます。


「gif」も背景を透明にできますが、扱える色が256色までと少ないので、写真を「gif」で書き出すと、画質が劣化します。


では、「png」で書き出してみましょう。

切り抜いた写真を「jpeg」と「png」で書き出しする方法
メニューバーの「ファイル」→「書き出し」→「Web用に保存」を選択します。

フォトショップ 「PNG-24」透明部分にチェックを入れる
「Web用に保存」ダイアログボックスが表示されます。

「PNG-24」を選び、「透明部分」にチェックをいれます。

「画像サイズ」を入力して、「保存」ボタンをクリックします。

「ファイル名」を付けて「保存」をクリックします。

フォトショップCC pngファイルの書き出し
「png」ファイルが書き出されます。

photoshop 背景を透明にして書き出した画像
背景色を変更しても、背景が透明なので問題なく表示されます。

今度は「jpeg」で書き出しします。

「Web用に保存」ダイアログボックスを表示させるまでの手順は同じです。

フォトショ jpeg マット白で書き出し
「JPEG」 「高画質」 「画質」を「80」に設定。

マットを「白」に設定。

「画像サイズ」を入力して、「保存」ボタンをクリックします。

「ファイル名」を付けて「保存」をクリックします。

フォトショップCC jpegファイルで書き出し
「jpeg」ファイルが書き出されます。

jpegファイル マットの色と背景色が違う
「jpeg」は背景を透明にすることができないので、マットで設定した白が背景色になります。

ホームページの背景色がマットで設定した色と違う場合、目立ってしまいます。

jpegファイル マットの色と背景色が同じ
ホームページの背景色とマットの設定を同色にしましょう。

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.