葛飾区ホームページ制作

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

文字(テキスト)の選択範囲をパス化してイラストレーターで加工する

フォトショップCC 文字(テキスト)の選択範囲をパス化してイラストレーターで加工する方法を説明します。


手書きの文字を撮影したり、素材集からダウンロードした文字を用意します。

フォトショップで文字(テキスト)の選択範囲をパス化してイラストレーターで加工する
今回は無料素材のサイトからダウンロードした毛筆の文字を使用します。

フォトショ 自動選択ツールで文字(テキスト)に選択範囲を作成
素材をフォトショップにドラッグアンドドロップ、もしくはメニューバーの「ファイル」→「開く」をクリックして読み込ませます。

「自動選択ツール」で文字の選択範囲を作成します。

「パスパネル」選択範囲から作業用パスを作成
パスパネルの「選択範囲から作業用パスを作成」をクリックします。

フォトショップCC 作業用パスが作成されました。
パスが作成されました。

Photoshop CCからIllustrator CCへのパス書き出し
次にイラストレーター用にパスを書き出します。

メニューバーの「ファイル」→「書き出し」→「Illustratorへのパス書き出し」をクリックします。

ファイルにパスを出力ダイアログボックス
「ファイルにパスを出力」ダイアログボックスが表示されるので、「OK」ボタンを押します。

ファイル名を付けて保存します。

フォトショップで選択範囲をパス化したaiファイルが作成されます
ファイルが保存されました。

次に保存したファイルをイラストレーターに読み込ませます。

フォトショップでパス化したファイルをイラストレーターに読み込ませる
イラストレーターを起動します。

メニューの「ファイル」→「開く」をクリックします。

先程保存したファイルを選択して「開く」ボタン押します。

アートボードに変換ダイアログボックス トリムエリア
「アートボードに変換」ダイアログボックスが表示されるので、「トリムエリア」にチェックを入れて「OK」ボタンを押します。

フォトショップからイラストレーター 塗りなし、線なしで表示される
イラストレーターにファイルが読み込まれました。

「塗りなし」「線なし」になっているので、真っ白な状態で表示されます。

とりあえず1pxの線を設定して見えるようにします。

フォトショップの選択範囲をイラストレーターでパス表示
「選択ツール」で文字を選択するとパスが作成されていることがわかります。

あとは好きなように加工してください。

フォトショップでパス化した文字をイラストレーターでグラデーション加工
グラデーションで着色してみました。

フォトショップを使わなくても、イラストレーターCCに直接素材を読み込ませて、「画像トレース」を実行してもパスを作成することができます。

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.