ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

不動産投資の物件選び

不動産投資で重要なのが、投資を行う物件を購入する際の立地条件です。どんなに建物がよくても、入居者の希望に合った場所にないと空室を増やしてしまうことになります。


どのような層をターゲットにするのかをはっきりとさせておきましょう。入居者として考えてる人が、どのような人たちなのかによって、投資をする不動産がどのような場所にあるのが良いのかがわかります。


不動産投資で利益を上げるには、利便性の良い場所に物件を持つ事です。不動産を購入する地域を自分で歩いて見て回るといいでね。入居する側の目線に立って不動産投資をする、物件を見て回る事も大切です。


都心に近い事や、駅から徒歩10分以内で周辺環境(スーパー・公園・病院など)も整っていると尚良いでしょう。地方の場合は、土地や建物の値段が都心に比べると安く購入しやすいですが、空室が多くなってしまう危険性もあります。このような事を考えると、都心に近い場所で投資の物件を探したほうが無難と言えるでしょう。


近くに、将来大型店舗が来る予定があるかどうかなども調べておくと良いでしょう。利便性がよくなると、土地が高値になる可能性も出てくるからです。購入した土地が、計画道路や区画整理にかかると、税金が全く掛らなくなったり、移転での建て替えの時に新築同様の保証金が、手に入る事もあります。

不動産投資物件

| 投資するのは中古物件か新築物件か? ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.