ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

大学の費用っていくらかかりますか?

よく言われていることですが、一人の子どもを学校に通わせて成人させるまでに必要な費用は2,000万円を見ておく必要があるそうです。子ども一人でこの金額ですから、兄弟がいる家庭では相当な額の貯蓄をしておかなければならないことが分かるでしょう。


そのため、学費ローンは子どものいる家庭にとっては他人事ではありません。高校までは公立学校に通うことである程度費用をセーブすることはできますが、大学進学となると進学塾に通ったり家庭教師をつけたりすることが多く、その分の費用もみておかなければならないでしょう。


このように多種多様な費用が必要になりますので、金利の安く返済期間のある程度長い学費ローンを探し出して利用するのは一つの方法です。大学進学についてもっと具体的にみていきましょう。先に述べた受験までの学費はもちろん、受験の際にも思わぬ費用が必要になります。


地方から都会の大学を受験する場合、いくつかの大学を受験するのであればその都度交通費や宿泊費などが必要ですので、数十万円程度を用意しておかなければならないこともあるようです。


念願かなって合格した場合でも、入学金や初年度の授業料だけでなく、アパートやマンションなどを借りるための敷金・礼金、引っ越し費用など百万円以上のお金が必要になります。これらのお金を貯蓄できていればいいのですが、現実的には難しいケースが多いでしょう。


そのため、学費という目的であれば優遇される学費ローンを利用することは実際的に大変助かると言えるでしょう。基本的には学費ローンは学校への合格が正式に決定してからの申し込みになりますが、学費ローン希望者からのリクエストが多いため、合格発表前にローン申請の予約を受け付けているところも増えてきました。長い受験戦争を賢く生き抜いていくためにも、この機会を利用することをお勧めします。

| 教育ローンはどこで借りるの? ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.