ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

宅建資格はなぜニーズがあるのでしょうか?

宅建の資格は、どの業界に関連する資格であるか、意外と知られていないようです。また、宅建主任者は不動産業界だけで活躍することができる資格であると思われがちですが、実際は決してそんなことはありません。


そもそも、宅建がなぜ不動産業界でしか必要とされていない資格と思われているかといいますと、不動産業者では必ず決められた人数の宅建主任者の常勤が必要とされているため、宅建=不動産業界というイメージが強いのでしょう。それは間違いではありません。しかし、不動産業界だけの資格である、というのは間違いであるといえます。


実際、一般企業や金融関連企業、また、建設関連企業で必要とされることもとても多い資格です。金融企業では担保として不動産は扱いますし、建設業界でも宅建主任者は必ず必要なのです。


一般企業の場合、総務関係の部署で大変必要とされています。理由としては、事務所の契約や企業で所持している不動産の管理など、一般企業であっても不動産とは必ず何らかのつながりがあるものですので、宅建主任者が重宝されるのは当然であるともいえます。


宅建主任者の勤務先として一番メジャーであるのはやはり不動産業界ですが、この場合独立をするという道もあるのです。また、実際に生活をするなかで、不動産とは深く関わる機会が多いでしょう。たとえば今住んでいる住宅も、不動産会社との契約が交わされていますし、家を買ったり、店を出したりすることもあるかもしれません。


契約書などは普通の人が読むと難しく感じることも多く、不当な契約を迫られるケースも多々あります。宅建資格を持っていれば、しっかりと理解をし、安心して契約をすることもできるでしょう。

| 宅建の資格を取得すると給料が上がる ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.