ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

関口親永(瀬名義広)の妻佐名(さな)は井伊直平の娘?

おんな城主直虎がもっと楽しくなる!小ネタ・豆知識

井伊直平の娘 佐名(さな)系図
*井伊直平の娘 佐名(さな)系図


遠江の領有をめぐる今川氏と斯波氏の対立で、井伊氏は斯波氏側につきました。激しい戦いの結果今川氏が勝ち、斯波氏は没落します。


井伊直平は今川氏に降伏しますが、服従の証として娘を差し出します。直平の娘は大河ドラマの中では佐名という名前がつけられています。


今川義元の側室となった佐名は、今川一門の関口親永(せきぐちちかなが)に下げ渡され、親永の妻となりました。


親永と佐名の間に生まれた娘が瀬名姫で、のちに徳川家康の正室となり、嫡男 信康(のぶやす)を生んだ築山殿(つきやまどの)です。


この話しは江戸時代になってから井伊氏側から発せられた情報です。それまでは築山殿の出自に関しては、今川義元の姪だとされていました。


譜代筆頭に登りつめた井伊氏が、家の格をあげるために徳川家(将軍家)と縁戚にしたのか、本当に縁戚なのかは今のところ不明です。


ちなみに、関口親永と佐名は、桶狭間の戦い後に徳川氏との内通を疑われ、今川氏真の命で自害して果てました。

≪ 戦国時代 遠江国(とおとうみのくに)勢力図と国人衆 | | 井伊直虎の領地井伊谷(いいのや)は何万石? ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.