ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

大名となるには何万石の石高が必要?

徳川に臣従した武家のうち、大名と呼ばれるには何万石の石高が必要でしょうか?

答えはこちら

1万石(いちまんごく)です。

1万石以上を領有する武家を大名といいます。1万石未満の武家のうち、将軍に謁見できる身分の者は旗本、謁見できない者を御家人と呼んでいました。

大名は将軍直属である必要があります。30万石を超える大大名の中には1万石を超える家臣もいますが、彼らは将軍から見ると家臣の家臣ということになるので陪臣となります。

陪臣は将軍直属の家臣ではないので、例え1万石以上の石高があっても大名とは呼ばれません。

≪ 1615年に起きた徳川と豊臣の再戦は? | | 親藩(しんぱん)と御三家(ごさんけ)の違いは? ≫

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.