ジャンクワードドットコム・暮らし、生活百科事典

WordPress無料テンプレート

Movable Type無料テンプレート

HTML5+CSS 無料テンプレート

大江戸の正体

大江戸の正体

「大江戸の正体」は、東京都市史研究所理事 鈴木理生さんが書いた書籍です。


江戸時代の制度や町並み、人々の暮らし、風習、江戸の年中行事や貨幣経済、都市整備、宗教、仕事、身分制度について詳しく説明しています。


江戸時代は身分制度の厳しい時代で、ピラミッド型の階層社会でした。徳川家に仕える武士にも階級があり、一番下の与力、同心の年収は現在の貨幣価値に換算すると100万前後だったようです。


また、与力、同心の通勤時間は、片道1時間30分もかかったそうです。現在のように自動車も飛行機もない時代ですから、徒歩通勤ですね!仕事内容も肉体労働が多かったそうで、幕臣といえども最下層の人々の生活は厳しかったようです。


何か今の時代とあまり変わらないような・・・・

≪ 牛丼一杯の儲けは9円「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 |

CopyRight 2010-2017 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved.